アフィリエイトは、誰でも簡単にできるというメリットがあります。

しかし、アフィリエイト商品の中には、これまでに消費者庁に違反認定されたものもあります。

最近では、2018年6月15日に消費者庁から違反認定を受けた通販会社があります。

違反認定を受けた理由は景品表示法(景表法)で禁止されてることに触れていたためです。

消費者に違反認定を受けた商品と理由

2018年6月15日に消費者庁から違反認定を受けたのが、ブレインハーツ株式会社のダイエット・美容関連の5製品です。

  1. ダイエットサプリ『グリーンシェイパー』
  2. ダイエットサプリ『アストロンα』
  3. ダイエット茶『スリムイヴ』
  4. 石けん『恋白美スキンソープ』
  5. ダイエットレギンス『Smart Leg』

これらの製品が違反認定を受けた原因は、景品表示法(景表法)で禁止していることに触れているためです。

主な理由は、

  • 全く根拠がないけど効果を謳っていた
  • 事実でないけど「芸能人もが愛用」「テレビで話題」と表示していた
  • 販売実態がないのに二重表示価格を表示していた

『販売実績がないのに二重表示価格を表示』というのは、「通常価格○○○円のところ、限定特価△△△円!」というものですね。

よく見るものですが、違反認定された理由は『通常価格で販売したことがない』ということだと思います。

アフィリエイターにも影響があるのか?

ブレインハーツの件で消費者庁は、アフィリエイト広告についても言及しています。

今回の件についてはアフィリエイト記事自体は違反認定は受けていない。笠原氏は「アフィリエイト広告関連について言及していることが、今回の措置命令内容の特徴的な部分。アフィリエイト記事についても景表法の規制の対象であり、広告主、ASP、アフィリエイターはこのことを十分に理解して広告表示をしてほしい」と呼びかけた。

引用:痩身効果を虚偽表示、通販会社に措置命令…アフィリエイトも違反に | 通販通信

 

消費者庁の担当課では、「今回の措置命令により、アフィリエイトサイトも景表法の適用対象となり得ることを注意喚起した。広告主だけでなく、アフィリエイターや仲介業者(ASP)にも認識してもらいたい」(同)と話している。

引用:消費者庁、ブレインハーツに措置命令と課徴金納付命令 | 健康情報ニュース.com

この内容から、「今回の件でアフィリエイトサイト(記事)は違反認定はされていないけど、景品表示法(景表法)の対象になってるから注意してください。」ってことのようです。

ここで気になる『景品表示法(景表法)』とはなんだ?ということで調べてみました。

消費者庁は、『景品表示法(景表法)』について、以下のように述べています。

景品表示法は、商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することなどにより、消費者のみなさんがより良い商品やサービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守ります。

引用:景品表示法|消費者庁

またウィキペディアでは、以下のように書かれています。

しかし、その表示が不当(虚偽・誇大)だったり、景品類が過大だったりすると、公正な競争が阻害され、消費者の適正な商品・サービスの選択に悪影響を及ぼす。
景品表示法は不当な表示や過大な景品類を規制し、公正な競争を確保することにより、消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ることを目的としている。

引用:不当景品類及び不当表示防止法 – Wikipedia

簡単に表すと、根拠がなく事実に反した情報を掲載してはいけない、ということですね。

商品を買ってほしいから嘘の情報を書くことはもちろん、誇張し過ぎた表現には注意が必要かもしれません。

美容・健康関連のサイトを運営する時は、景品表示法だけでなく薬事法についても注意が必要です。

Googleの検索エンジンもこれらジャンルに対して厳しくなっているので、アフィリエイターは理解を深めた上でサイト運営が重要ですね。