アメブロは無料ブログサービスの中でも人気ですが、アフィリエイトはできるのか調べてみました。
アメブロで用意されているアフィリエイトは、楽天・Amazon・ユニクロの3つです。(2018年5月現在)

では、これ以外のアフィリエイトリンクは貼ることは禁止されているのか?というと、そういうわけではないようです。
ただし、個人的には、楽天・Amazon・ユニクロの3つ以外のものは利用しないようが良いのでは?と思っています。

この記事では、アメブロでアフィリエイトできるもの・禁止されているものについて詳しくご紹介します。

アメブロでアフィリエイトできるもの

まずは、アメブロ内でアフィリエイトができるのか調べてみました。

記事投稿画面から【楽天・ユニクロ・Amazon】のアフィリエイトサービスがご利用いただけます。
また、上記をご利用いただいたアフィリエイト成果はドットマネーとして還元されます。

引用:記事上でアフィリエイトサービスを使うことはできますか?ーアメブロ ヘルプ

アメブロで用意されているアフィリエイトは、楽天・Amazon・ユニクロです。(2018年5月現在)

アメブロの規約によると、アフィリエイト報酬はドットマネーで支払われるということです。

●ドットマネーとは?
ドットマネー(.money)はアメーバが運営しているポイント交換サービス。
1マネー=1円で換金・Tポイント・Amazonギフト券に交換できます。
ドットマネー公式サイト

アメブロは楽天・Amazon・ユニクロ以外は禁止?

アメブロでは、楽天・Amazon・ユニクロのアフィリエイトが記事を書くときに簡単に貼り付けることが可能です。

では、それ以外はできないのか?
答えは、できます。

アメブロで調べてみたら、「既存の他社アフィリエイトサービスのIDを使えますか?」という質問に以下のように記載されています。

はい。
今までどおりの手順で自分のブログにアフィリエイトリンクを貼り付けてご利用ください。
ただし、禁止タグを含む一部アフィリエイトリンクはご利用いただけませんのでご了承ください。

問題なくできるようです。
ただし、”禁止タグを含まない”という条件付き。

アメブロが禁止しているタグってなんだ?
ということで調べてみると以下のようなタグになります。

・html
・head
・body
・frame
・frameset
・iframe
・object
・param
・server
・javascript
・form
・input
・embed
・textarea
・script
・meta
・button
・option(フリースペース、自己紹介のみ禁止)
・title(自己紹介ではご利用になれます)

僕自身、アメブロでは楽天・Amazon・ユニクロ以外にはできないと思っていました。

というのも、以前アメブロでブログを運営していたとき(たぶん2010〜2012年くらい)、アフィリエイトリンク(インフォトップ)を貼っていたブログが削除された経験があるからです。

ネットで調べると、ちょうど2012年あたりに削除されたブログが多発したみたいです。

それがきっかけで、今も「アメブロはアフィリエイトできない」と言われているようですし、僕自身もそう思っていました。

アフィリエイト目的のアメブロ利用は避けたほうがいい

アメブロで楽天・Amazon・ユニクロ以外にもアフィリエイトできるようですが、それでも僕はやらないほうが無難かな?と思います。

その理由は、アメブロ運営側の判断ひとつで、できなくなるリスクがあるからです。

現在の規約では、禁止されている商業行為は以下のように記載されています。

(4) 当社の承諾のない商業行為
① 無限連鎖講(ねずみ講)、リードメール、ネットワークビジネス関連(マルチ商法、マネーゲーム等を含む)の勧誘等の情報、及びこれらに類する情報の送信等
② 商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成(但し、当社が認めている範囲のもの及び当社タイアップ等は除く)
③ 当社が許可したものを除き、営利、非営利目的を問わず、物やサービスの売買、交換(それらの宣伝、告知、勧誘を含む)を目的とする情報の送信等(物品を販売し、又は契約を締結させることを目的とする無料セミナーの情報の送信等を含む)
④ 本サービスの一部の利用権を、当社が定めた以外の方法で譲渡する行為
⑤ 本サービスの全部又は一部の利用権をもって、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為

アフィリエイトを目的にブログを運営していると、②と③が引っかかりそうな気がします。
ネット上では、他のアフィリエイトリンクを張って消されていないという口コミもあります。
しかし、アメブロ運営サイドが、今後どのように判断するかは利用者にはわかりませんし、削除されてからでは遅いですからね。

そのため、アフィリエイト目的でブログ(サイト)を運営するなら、独自ドメインを取って運営したほうが良いと思います。