2020年4月24日発売のiPhone SE 第2世代。(ドコモ・au・ソフトバンクは2020年5月11日発売)

2016年3月31日に発売されたiPhone SE 第1世代の後継機となります。およそ5万円台の低価格ですが、実際の機能はどうなっているのか?買ったほうが良いのか?

この記事では、iPhone SE(第2世代)の特徴(機能や価格など)とその比較を紹介します。購入前の参考にしてみてください。

サイズ・機能を比較

 

iPhone SE 2iPhone 8iPhone 11
発売日2020年4月24日2017年9月22日2019年9月20日
CPUプロセッサA13 BionicA11 BionicA13 Bionic
画面サイズ4.7インチ4.7インチ6.1インチ
Retina HDディスプレイRetina HDディスプレイLiquid Retina HDディスプレイ
シングル12MPカメラシングル12MPカメラデュアル12MPカメラ
ポートレートモードありなしあり
ナイトモードなしなしあり
FaceTime HDFaceTime HDTrueDepth
バッテリー駆動時間iPhone 8とほぼ同等iPhone 7とほぼ同等iPhone XRより最大1時間長い
認証Touch IDTouch IDFace ID
端末サイズ高さ 138.4 mm
幅 67.3 mm
厚さ 7.3 mm
重量 148 g
高さ 138.4 mm
幅 67.3 mm
厚さ 7.3 mm
重量 148 g
高さ 150.9 mm
幅 75.7 mm
厚さ 8.3 mm
重量 194 g
ホームボタンありありなし
容量64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
64GB
128GB
256GB
カラーブラック、ホワイト、レッド((PRODUCT)RED)シルバー、スペースグレイ、ゴールドブラック、ホワイト、レッド((PRODUCT)RED)、パープル、イエロー、グリーン

iPhone SE(第2世代)の機能は、iPhone 8とiPhone 11を足して2で割ったような?機種になっています。端末のサイズ・重量は、iPhone 8と全く同じ。プロセッサはA13 Bionicを搭載し処理能力はiPhone 11と同じです。ちなみに、iPhone XRはA12 Bionic。

気になるのがバッテリー駆動時間。iPhone SE(第2世代)は「iPhone 8とほぼ同じ」と公式サイトで紹介されています。そのiPhone 8は「iPhone 7とほぼ同じ」と紹介。つまり、バッテリー駆動時間は2016年発売(4年前)のものと同等、いうことでしょうか?

iPhone 8以前から機種変を考えている人は、違和感なく便利に感じられるかもしれません。iPhone X移行の機種を使っている人は、今回は「待ち」かもしれませんね。

iPhone 8・11と価格比較

次にiPhone SE(第2世代)とiPhone 8・iPhone 11の価格を比較します。

ドコモ

iPhone SE(第2世代)iPhone 8iPhone 11
64GB57,024円58,520円87,120円
128GB62,568円95,040円
256GB75,240円106,920円

※2020年4月現在、ドコモ公式サイトではiPhone 8(128GB・256GB)の記載はありません。

au

iPhone SE(第2世代)iPhone 8iPhone 11
64GB55,270円58,320円90,720円
128GB61,250円96,480円
256GB75,215円66,860円109,440円

※2020年4月現在、au公式サイトではiPhone 8(128GB)の記載はありません。

ソフトバンク

iPhone SE(第2世代)iPhone 8iPhone 11
64GB57,600円63,360円89,280円
128GB64,080円95,040円
256GB78,480円93,600円108,000円

※2020年4月現在、au公式サイトではiPhone 8(128GB)の記載はありません。

Apple

iPhone SE(第2世代)iPhone 8iPhone 11
64GB49,280円82,280円
128GB54,780円87,780円
256GB66,800円99,880円

※2020年4月現在、Apple オンラインストアでiPhone 8の取り扱いは終了しています。

Apple公式サイトは、iPhone SE(第2世代)を発表したのと同時にiPhone 8が購入できなったので、iPhone 8の価格と比較できません。

Appleと3キャリアのiPhone SE価格を比較

ここでは、iPhone SE(第2世代)の価格を3キャリアとAppleで比較してみます。どこで購入するのが最も安いのでしょうか?

一括購入での比較

ドコモauソフトバンクApple
64GB57,024円55,270円57,600円49,280円
128GB62,568円61,250円64,080円54,780円
256GB75,240円75,215円78,480円66,800円

※2020年4月現在の価格(税込)

一括で購入するならどこが最も安いか?64GBに絞って比較するとAppleが最も安くて49,280円。3キャリアで最も安いのはauの55,270円。ついでドコモの57,024円、最も高い価格はソフトバンクの57,600円です。

分割払い+機種変の場合

3キャリアには、支払期間24ヶ月のタイミングで機種変(端末返却)すれば、機種代金の一部を負担してくれるサービスがあります。(細かい条件は各キャリアで確認してみてください)

・ドコモ・・・スマホおかえしプログラム
・au・・・かえトクプログラム
・ソフトバンク・・・トクするサポート+

iPhone SE第2世代を2年だけ使用するなら、Appleストアよりも安価で手にすることができます。

以下の表は3キャリア・Appleで購入した際の実質自己負担額です。

ドコモauソフトバンクApple
64GB38,016円28,750円28,800円49,280円
128GB4,1712円31,970円32,040円54,780円
256GB50,160円39,215円39,240円66,800円