LINEが仮想通貨取引所『BITBOX』をオープンすると6月28日に発表されました。

LINEは、私たちの生活でとても馴染みの深いアプリですが、日本人への提供はされないことも合わせて発表されています。

▷【Financial】日本・米国を除くグローバルにおいて取引可能な 仮想通貨取引所「BITBOX」を7月中より提供開始予定 | LINE Corporation 

BITBOX利用は日本・アメリカは対象外

仮想通貨取引所『BITBOX』をオープンすると発表されたのは、6月28日に開催された「LINE CONFERENCE 2018」。

この中で、LINEの代表取締役社長・出澤剛氏が発表しています。

驚いたのは、仮想通貨取引所『BITBOX』は全世界で展開するとしていますが、日本とアメリカは対象外になっています。

日本に住んでいる人だけでなく、海外に移住している日本人、アメリカに住んでいる人が対象外と発表されたようです。

IPアドレスや電話番号などから対象外となる人が利用できないようにするという、徹底されている印象を受けます。

また、15の言語に体操するということですが、日本とタイ語は対象外になっています。

BITBOXの取引可能な仮想通貨

BITBOXで取引が可能な仮想通貨は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

など、全30種類以上を予定していると発表されています。

取引できるのは仮想通貨だけで、法定通貨を使用した取引はできないということです。

なぜ日本とアメリカは対象外なのか?

LINE アドセンターでの公開資料によると、LINE月間利用数はおよそ2億人。そのうち日本は7000万人で全体の約3分の1を占めています。

その日本で仮想通貨取引所『BITBOX』が利用できない理由はなんでしょうか?

詳細については発表されていませんが、気になるところですね。