件名『緊急二段階パスワードの設置』でLINEの名乗るメールが届きました。

この他、『LINE緊急問題報告』『安全認証』という件名でメールが送られていることが報告されています。

件名だけを見ると、驚く人も少なくないでしょう。

しかし、このメールはフィッシングサイトへ誘導をする迷惑メールです。

LINE『緊急二段階パスワードの設置』の内容

ライン会社はお客様から、ラインのアカウントが盗まれたことによるアカウントの変更申請のメールをいただきました。

このメールは確認のために送信するものです。もしご自分で申請された場合、このメールを無視してください。

本人以外の操作である場合、次のリンクをクリックして登録申請を解除してください。

http://○○○

リンクの有効期間は48時間です

────────────────
LINE
LINE Courporation
────────────────

メールの内容を見ると、悪質であることがわかります。

ほとんどの人がアカウントの変更申請に心あたりがないからです。

その心理を突いて、

「本人以外の操作である場合、次のリンクをクリックして登録申請を解除してください。」

「リンクの有効期間は48時間です」

と、URLのクリックを誘導しています。

もちろん、URLをクリックしてはいけません。

フィッシング対策協議会や政府も注意喚起

LINEを名乗りフィッシングサイトへ誘導する迷惑メールについて、フィッシング対策協議会や内閣サイバーセキュリティセンターで注意喚起しています。

フィッシング対策協議会の注意喚起については、以下から確認できます。

LINE をかたるフィッシング- フィッシング対策協議会

また、LINEヘルプセンターでもフィッシング詐欺について対策法を公開しているので、確認することをおすすめします。

LINEからログインを促すメールやトークが届いた – LINEヘルプセンター