Twitter検索で、動画だけを検索する方法は、

  1. 任意のキーワードで検索して「動画」タブを選択する。
  2. コマンド「filter:native_video」で検索する。
  3. コマンド「filter:videos」で検索する。

コマンドは2種類あるので、それぞれの違いについても調べたのでご紹介します。

「動画」タブを使って検索する

1.検索ボックスに、任意のキーワードを入力し検索します。

ここでは「iPhone」と入力します。

Twitter検索画像1

 

2.画面上にある「動画」タブをタップします。

Twitter検索動画2

コマンド「filter:native_video」で検索する

Twitter検索画像コマンド1

コマンドを使用することで動画だけを表示させることが可能です。

ひとつは、

filter:native_video

とキーワードを入力して検索します。

iPhoneに関する動画を検索する場合、

filter:native_video iPhone

と入力します。

コマンド『filter:native_video』とキーワード『iPhone』の間はスペース(空白)を入れましょう。

コマンドとキーワードは、

iPhone filter:native_video 

のように前後しても正常に検索できます。

コマンド「filter:videos」で検索する

Twitter検索画像コマンド2

コマンドはもうひとつ、

filter:videos

とキーワードを入力する方法です。

iPhoneに関する動画を検索する場合、

filter:videos iPhone

と入力します。

繰り返しになりますが、コマンド『filter:videos』とキーワード『iPhone』の間はスペース(空白)を入れましょう。

コマンドとキーワードは、

iPhone filter:videos

のように前後しても正常に検索できます。

『filter:videos』と『filter:native_video』の違いは?

コマンド検索には、『filter:videos』と『filter:native_video』の2種類があります。

この2つでは、表示される動画が違います。

何が違うのか実際に試してみました。

『filter:videos』の場合、あらゆる動画が検索表示されます。

Twitter検索画像コマンド違い1

『filter:videos iPhone』で検索してみると、動画が添付されたツイートだけでなく、

画像のようにツイキャスやYouTubeのURLが含まれたツイートが検索結果に表示されています。

対して『filter:native_video』の検索では、動画が添付されたツイートだけが表示されています。

同じ動画検索でも、目的に合わせて使い分けしてみると良いですね。